優絆Yuuukiのネット調査隊ブログ

優絆がネットで調べたことを提供します。

退職者向けの商品は優遇期間が過ぎれば通常の金利に戻ることが多い。

優絆です、まず生活費はどう見直せばいいのだろうか。
ゆとりある老後生活費の使途をみると旅行やレジャー、耐久消費財の買い替えなどが上位に挙がる。
75歳以降はこうした支出をある程度控えることで生活費を1割減らし、約31.4万円にすれば不足額は4056万円に減る。
退職時の手元のお金との差額は575万円になる。
深野氏はこの額 なら65歳からの分散運用で稼ぐことは可能と話す。
企業年金連合会が運用の目安とする国内株式、国内債券、外国株式、外国債券の指数の推移に基づいて総合利回りを計算すると年平均3.66%。
そこで65歳から84歳までの20年を年3.66%で運用し、575万円以上の額を確保するには単純計算で約800万円の元本が必要になる。
超低金利のなかで利回りを得るにはリスク資産への投資が選択肢だが高齢者は安定収益が大切なので、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人が2014年まで採用した旧資産配分が参考になると深野氏は話す。
具体的には国内債券60%、国内株式12%、外国債券11%、外国株式12%、短期金融商品5%になる。
短期商品の代わりに国内債券を62%に上げ、他の3つの資産も1%ずつ 増やしてもいい。
約800万円を運用に回しても約2600万円が手元に残るので、65歳からの当面の生活費はやり繰りできる可能性が大きい。
退職金の運用で銀行など金融機関を訪れる人は、退職者向けの商品をよく比較しよう。
定期預金金利を優遇したり、投資信託とのセットプランなどが用意されたりしているが、金利の優遇は当初3カ月などに限定し、優遇期間が過ぎれば通常の金利に戻ることが多い。
最後にこんな情報をお伝えします。
取り出しやすさを考えると、やっぱりジャバラ式がお勧めです。
中身がパッと見で見えるので、母子手帳や保険書、また診察券等すぐに取り出すことができますよ。
これ、母子手帳ケースを選ぶうえでの重要なポイントと言えます。
そして革なら外で出しても恥ずかしくありませんし、むしろ高級感が素敵に見えます。
また、ペンを一緒に使うことが多いので、ペンホルダーがあるものを選んでおくと便利です。
気になったことを書き込んだり、問診票を書き込んだりするときに使えます。
母子手帳ケース 革