優絆Yuuukiのネット調査隊ブログ

優絆がネットで調べたことを提供します。

景気刺激効果はそがれ市場の失望を招く可能性がある。

優絆です、私が考えていた喪服は、この正式喪服でした。
一般的に和装の場合、既婚も未婚も関係なく着用して良いのですが、やはり周囲からすると和装で出席していると、洋服のブラックフォーマルの方よりも格上と感じる方が多いようです。
そのため、事前に喪主やそのご家族に相談してみる方が良いということがわかったんです。
また、着物の喪服で参列する事になった際には、喪主や喪主夫人の服装の格を超えない事が大事だということもわかりました。
喪服着物
ところで、財務長官になるムニューチン氏は税控除の縮小を併用し、富裕層は減税にならないと表 明したが、細部の不透明感は強い。
さらに先行きを見えにくくしているのが、今後10年で1兆ドルを投じると掲げたインフラ投資計画だ。
空港や道路などのインフラの老朽化対策は急務ではあるが、具体的な手法に疑問点も多い。
選挙戦中、トランプ陣営は民間資金を有効に活用するため、米財政には中立だと主張した。
民間の投資資金に対する税控除を誘因に、投資を引き出すという。
だが通行料などを得られる一部の案件を除き、通常のインフラ整備は民間の投資対象にはなじまない。
政府主導で整備を強力に進めようとすると、安定財源が必要になる。
仮にインフラ投資が財政に中立でも、トランプ氏の政策は財政には大きな負担を伴う。
トランプ氏が大統領にならなくても、米政府債務 は増加の一途をたどることが予想されていた。
高齢化による社会保障費の増大が要因だ。
米議会予算局の予測によると、米連邦政府債務は2015会計年度末の13兆ドル強から24年度末には20兆ドルを突破する。
超党派の調査機関責任ある連邦予算委員会はトランプ氏の公約を実行に移すと、10年間で米政府債務が5兆3000億ドル膨らむと試算。
26年度末の国内総生産比はCBO予測が86%なのに対し、トランプ政権下では105%に高まるとした。
議会との調整で減税規模が縮小される可能性はある。
ゴールドマン・サックスは、年間の減税規模をトランプ氏の提案がすべて実現した場合の4240億ドルから、1000億ドルに縮小すると読む。
財政の健全性の面では朗報だが、景気刺激効果はそがれ市場の失望を招く可能性がある。