読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優絆Yuuukiのネット調査隊ブログ

優絆がネットで調べたことを提供します。

女性は社会に疑問を投げかける。

優絆です、結婚や家族のあり方は個人の自由で、社会も多様な生き方を支えるように変わってきた。
未婚同居それ自体が悪いことではない。
ただ、未婚同 居者全体を見渡すと厳しい状況が広がっていることがわかってきた。
みずほ情報総研藤森克彦・主席研究員が約2300人を対象にしたインターネット調査を分析したところ、親や兄弟らと同居する40~50代の未婚者のうち、男性の4割、女性の6割が主な生計維持者を親と答えた。
年収100万円未満の男性が25%、女性は38%いた。
同世代の未婚一人暮らしよりも正社員率が低く、無職が多かった。
かつて親元で豊かな生活を謳歌するパラサイト・シングルと呼ばれた若者が注目されたのは1997年。
それから20年がたち、今は親と共倒れしかねない黄昏同居といえるような実態が浮かび上がる。
背景の一つに介護がある。
埼玉県に住む40代の女性は、20代の時に母親が倒れ正社員の仕事を辞めた。
一人娘 の自分が介護するのは自然だと思った。
40代になると父親も倒れ、派遣の仕事を転々としながら親を見守ってきた。
親の年金を横領しているという人がいるがそれは違う。
生活はぎりぎり。
預金残高を気にする毎日と女性は話す。
親が亡くなれば自分には何も残らない。
一緒に逝けたらとの思いがいつもある。
働き続けたくても正社員への壁は高い。
人生の大部分を介護に充ててきた。
そうするしかなかった。
それが終わっても前の生活に戻れない世の中ってなんだろう。
女性は社会に疑問を投げかける。
藤森主席研究員の分析では無職の未婚同居者のうち、男性の21%、女性の37%が親の介護を理由に挙げていた。
本日のインフォーメーション、「ベビタブ」についてのお友達サイトをご紹介します。
ベビタブ
残留塩素を除去するための専用シャワーヘッドから出てくるお湯は、赤ちゃんだけでなく、ちいさなお兄ちゃんやお姉ちゃん、パパやママにもおすすめです。
洗剤成分が配合されていないので、お肌のバリアを壊すこともありませんし、シャンプーやせっけんを使わなくても、髪やお肌にハリやコシを与えてくれますので、お肌が敏感という方には、特におすすめです
ちいさなお子様は活発に動き回るため、汗をかく量が多いですよね。
公園でしっかり遊んだ後に、重炭酸マイクロバブルシャワーでしっかり汗を流してあげれば、せっけんを使って洗うよりも、ニオイが気にならなくなります。